まきクリニック

お知らせ


[ 戻る ][ 最新の記事 ][ 過去の記事へ ]

2010/5/17

サーマクール廃止のお知らせ

 誠に勝手ながら、サーマクールによるたるみ治療を平成22年5月15日をもって終了しました。
 高額な治療であるにもかかわらず患者さんの期待度に答えられないケースが少なくなく、当院としましてはもはやこちらから積極的にお勧めできる治療ではないとの判断からです。積極的にお勧めできないとなれば、クリニック側の器械維持費も高額なため、完全に廃止することにしました。
 器械そのものは最近バージョンアップされ施術時の痛みがかなり軽減されているようですが、要は治療成果がどうかが問題です。さらに治療費が高額になる分、患者さんの成果に対する期待度もかなり大きくなりますから、それに対して十分に答えるのは難しいだろうと思います。(あくまでも当院院長の個人的判断ですが)

2010/2/22

木曜日の夕診終了のお知らせ

大変申し訳ありませんが、平成22年3月より木曜日の午後4時〜7時の一般診療は終了させていただきます。
理由は、木曜日は昼から夕方まで往診を行なっておりますが、往診患者さんの人数の増加に伴い従来の時間内に訪問診療が終われない状態になってきたからです。
何卒ご理解いただくようお願い申し上げます。

2008/2/18

メールカウンセリングの返信不能について

 最近、メールカウンセリングに対してこちらから返信できないという事例が増えています。「メールアドレスが間違っていた」ということであとで新しいアドレスを教えていただいた方もみえますが、そうしたケース以外はこちらからは対応のしようがありませんので放置させていただいてます。
 いただいたメールに返信しないということは決してありませんので、24時間以内に返信がなかった場合は今一度アドレスの間違いがないかなどをお確かめください。

2008/1/21

タイムピールについて

 タイムピールについてのお問合せが多いですが、HP上に当院の症例写真を掲載することは現時点では考えておりません。(そもそも医療機関がBefore&Afterの写真を広告することは、野放しになっているだけでルール違反のはずです)
 公表を了解されている患者さんの症例写真は、公開せず個別にお見せ致します。

 直接お会いすることなしにタイムピールの施術を決めることは絶対にありませんので、ご関心のある方は大変お手数ですがカウンセリングにお越しください。カウンセリングは無料です。ただし1時間以内とさせていただいております。
 タイムピール薬剤の手配の問題で、施術をご決心されてから実際の施術日までに2〜3週間の猶予が必要です。

 お問合せが多いので、とりあえず要点だけを以下に列挙させていただきます。ご参考にしてください。

@ニキビ痕治療や傷痕治療の場合は、レーザーでアブレーション(削皮)してからタイムピール塗布になります。タイムピールのみで改善させ得るのは、肝斑などのシミや小ジワ・毛穴の開きなどです。
 局所麻酔を施しますが、施術中は静脈麻酔にて眠っていただきます。痛みは翌日には落ち着きます。
Aタイムピールのみの料金は84万円、レーザーアブレーション+タイムピールの料金は126万円です。タイムピール塗布は全顔に行ないますが、上マブタには基本的に塗りません。料金は税込みで、施術料以外にお渡しするダウンタイム中の各薬剤(内服薬・外用剤)代や化粧品代が含まれます。
B施術後、お顔のカサブタが全て自然に剥がれ落ちるまでの2週間前後は、原則お顔にはノータッチです。マスクも出来ません。水で濡らすことも厳禁です。ですから、入浴や洗髪などが大変です。
Cカサブタが剥がれ落ちた時点で、ニキビ痕の凹みは劇的に改善しています。その後1〜2ヶ月かけて新しい皮膚が完成しますが、ニキビ痕の凹みもさらに改善します。
 問題は赤みで、徐々に引いていきますが完全になくなるには3〜6ヶ月、場合によってはそれ以上かかります。アブレーション部分とタイムピールのみの部分との境界線も最終的には目立たなくなります。
D合併症としては、頻度の高いものとして経過中の炎症後色素沈着の出現があります。一時的なものですが、お渡しする外用剤塗布にて改善が早まります。
 稀なものとして肥厚性もしくは陥凹性瘢痕が起こり得るとされますが(韓国では1,000例に3例の頻度)、もし発生したら適切に対処させていただきます。
E基本的に1回で終わる治療ですので、問題が起こらなければ施術後に通院していただく必要は特にありません。メールなどのやり取りだけで結構です。

 

2007/10/3

深部皮膚再生術(タイムピール)、日本初導入!

 先ずとにかくタイムピール([Web])のBefore&Afterを見てください。切ったり貼ったりするわけでなく、最新のレーザー機器を使うわけでもなく、これらの成果が得られるのです。肝斑も消えます。ニキビ痕のクレーターもキレイに治ります。そして、その成果が10年も20年も続くのです。

 タイムピール開発者のPyun博士に直接ご指導を受け、当院でも日本で初めてこの治療が出来ることになりました。HPにそのうち満を持して詳しくアップします。


[ 戻る ][ 最新の記事 ][ 過去の記事へ ]