まきクリニック

注目の〈フォトRF〉〈メソセラピー〉から、〈ゴールデン・リフト〉まで。 「メスを使わない美容医療」で、理想のワタシを手に入れよう! フォトRF メソセラピー 金の糸美容術「ゴールデン・リフト」

ニキビ跡クレーター治療

深部皮膚再生術(炭酸ガスレーザー・アブレージョン+タイムピール)

炭酸ガスレーザーによりニキビ跡クレーター底の瘢痕組織を除去した上で、フェノール・ベースのタイムピールというピーリング剤を塗布し深いピーリングを行ない、周辺皮膚とともに新しい皮膚を再生させる治療法です。成果は大きいですが、リスクも高くダウンタイムも非常に長い治療です。

リスクとしましては、施術による新たな別の瘢痕が出来てしまう可能性があります。また、白斑が出来る可能性もあります。

炭酸ガスレーザー・アブレージョン

炭酸ガスレーザーによりニキビ跡クレーターのみをアブレージョンし、その損傷の治癒を利用してクレーターを浅くしていく治療法です。TCAクロス法と似た理屈です。手作業のフラクショナル・レーザー治療とも言えます。深部皮膚再生術に比べリスクもダウンタイムも遥かに下げられますが、治療回数は必要になります。成果も深部皮膚再生術には劣ります。

リスクとしましては、凹みの改善が悪ければ施術前より見た目が悩みになる可能性があります。

ダーマペン4

微細な針で皮膚に高密度に小孔を開け、それらの修復過程を利用してアンチエイジング効果を引き出すダーマペンという器械の最新版がダーマペン4です。
これ単独もしくは成長因子等の塗布を併用しようが、さすがにニキビ跡クレーターの明確な改善を得るのには無理があります。しかし、炭酸ガスレーザー・アブレージョン後の更なる改善を求めて使用する分には期待できる治療のため導入しました。
因みに、アンチエイジング目的での使用においては、これ単独で成果が期待できます。マッサージピールなどとの併用も推奨されます。

リスクとしては健康被害の方ではなく、患者さんが期待したまでの成果が出ないことです。(それは美容医療のほとんどに言えることですが)

サブシジョン

サブシジョンとは専用の特殊な針を使用し、ニキビ跡クレーター底とその下の瘢痕組織との間を切断してクレーターの深みの改善を図る治療法です。

リスクとしましては、稀ですがサブシジョン針刺入部が肥厚性瘢痕になってしまう可能性があります。